香典のお返しのマナー|実用性のあるプレゼントにしたいなら名入れボールペンがおすすめ
女性

実用性のあるプレゼントにしたいなら名入れボールペンがおすすめ

  1. ホーム
  2. 香典のお返しのマナー

香典のお返しのマナー

香典返し

当日返しの金額も考える

香典返しは葬儀の時にもらった香典のお返しのことです。おおよそ香典の半額の金額のものを香典返しにすることが一般的になっています。近年では葬儀の当日に「当日返し」という形でお返しをすることが定着してきていますが、当日返しとして用意していたものの金額が香典の半額程度ならば後日改めて香典返しをする必要はない、という考えが定着しています。香典の額が多額で、当日返しでお渡しした品物の金額では到底半額にならないというような場合に後日香典返しを用意するようになっています。その時の金額は香典の半額の金額から、当日返しの商品の金額を引いた金額のものを用意します。当日返しの商品の金額と、後日渡す香典返しの金額を合計したものが、香典の半額程度になれば良いのです。

選ぶべきものとは

香典返しは不祝儀のお返しという形になりますので、後に形として残らない品物を選ぶようにします。不祝儀を洗い流す洗剤類やせっけん、食べて無くなる食品がよく選ばれています。ギフトショップなどで「香典返し用の品物を探している」ということを伝えれば、それに適した品物をお勧めしてもらえます。その人の好みに合ったものを探したいという人もいるかもしれませんが、そんな場合によく選ばれているのがカタログギフトです。金額も豊富にそろっていますので香典の金額に合わせて選ぶことができますし、その人の欲しいものを選んでもらえるというメリットがあります。カタログギフトには香典返しとして不適切だといわれている商品も掲載されていますが、カタログギフトという形で贈ったものですから、後はその人が何を選んでも問題はないと考えられています。